トイプードルのしつけは生後5ヶ月が勝負

トイプードルのしつけは、生後5ヶ月が勝負であり、非常に難しいと言われています。
その理由とは、生後5ヶ月がちょうどホルモンバランスの変化が起きる時期であり、それと同時に歯の生え変わりが起こるので歯に痛みが走る時期であり、成犬本来の権勢本能が現れる時期だからです。
生後5ヶ月頃からホルモンバランスの変化などが激しくなり、反抗期になるので、今まで素直に言うことをきいてくれていたのに、急に言うことを聞いてくれなくなる可能性が充分にあります。
歯の痛みやホルモンバランスの変化からイライラしていたり、落ち着きがなかったりします。
生後5カ月のトイプードルのしつけが難しいのは、これらのことが原因ですが、この時期にしっかりとしつけをしておかないと、今後とも良い関係を築くことができません。
根気強くしつけをしっかりと行っていきましょう。
特に、トイレのトレーニングには長い時間を費やす必要があるかもしれません。
トイレを覚えられずに苦労するかもしれませんが、頑張りましょう。

最新記事