トイプードルはプードルを小さくした犬

実はプードル種というのは色々とあります。
そもそもプードル自体は意外と大きな犬であり、狩りに使われていたほど賢い犬です。
しかし、日本で最も有名といえるのはトイプードルでしょう。
スタンダードプードルを小さく品種改良した犬であり、分類としては愛玩種になります。
賢いタイプの犬なのでアニマルセラピーなどにも使われることはありますが基本的には愛玩犬として人気があります。
一時期、物凄く人気があったことがあり、今でも名残はありますがかつてほどではないです。
それでも日本で飼われている犬種のトップ3には入る犬ですからよく見かけることでしょう。
日本での飼育は1949年から数頭のプードルが飼われたことから始まっています。
ただ直接的に現在のトイプードルと関係があるのか、といえばあくまでミニチュアプードルだったのでほぼ関係はないです。
現在では8万匹程度の登録数があり、ミックス犬も含めればさらに膨れ上がることは確定的ですから、日本で最も人気がある犬といえるでしょう。

最新記事